免疫力

相変わらず「福島原発から目が離せない」という方が多いのではないでしょうか?

ところで、放射線によって人間の体内で何が起こるのでしょうか?

それは免疫力の低下です。
では、免疫力とは何でしょうか?

yahoo辞書によると
「体内に入ったウイルスや細菌、異物などから自分自身の体を守る力。低下すると多くの疾病を引き起こす。白血球がその役割を担う」
となっています。

では、具体的にどういう「力」なんでしょう?
それは「血液の循環力」と言い換えるとわかりやすいかもしれません。

血液サラサラ=血液の循環力が強い状態とは、赤血球にマイナスイオンが多く蓄えられている状態です。
(赤血球が健康な時には赤血球の膜がマイナスに帯電している)
そのため、赤血球同士がマイナスなので同種反発してお互いにくっつきあうことがありません。

ところが、血液べたべた=血液の循環力が弱い状態とは?
血液のプラスイオンが体内に侵入すると過剰な活性酸素が発生し、マイナスイオンを奪ってプラスに帯電します。
そうするとプラスとマイナスに帯電した赤血球同士がお互いにくっつきあって団子状に固まってしまうのです。
このような状態では、末端に毛細血管に血液が入ることができず、酸素や栄養の供給ができなくなり、老廃物が溜まった汚い血液になってしまうのです。
そしてこれが免疫力低下の状態をつくりだすということです。こうなると体温も下がり、と血液中の酵素やホルモン、免疫物質などが体の隅々までいきわたらなくなり、その結果、痛みやコリ、感染症等の病的状態が起こります。

血液の一部がプラスイオン化する原因はいくつかあります。
紫外線、静電気、放射線等です。
その中で最も強力なのが放射線で、体を酸性化してしまいます。
放射線を大量に浴びると活性酸素が発生し、血液の流れは悪くなります。
特に、血液の浄化に当たる腎臓と肝臓に被害が出やすく、腎臓の管理下になある甲状腺や骨髄に異変が生じると甲状腺がんや白血病を発生しやすくなります。
また、成長過程にある細胞が放射線を受けると遺伝子が損傷し、プログラムミスによりがんや奇形などの成長、発育障害が引き起こされる為、大人よりも子供に害が出やすくなるのです。

免疫学の権威の安保徹先生は、自らがん検診を何年も受けず、家族にもそうさせているそうです。
また近藤誠先生の近著「あなたの癌は、がんもどき」でもがん検診は受けるべきではないし、PETは被ばく量が多く、危険であるとはっきり書かれています。

テレビでも繰り返し、レントゲンやCTの方が被ばく量が多いことを言っています。
正しい報道もあるし、もはや隠されていることもあるでしょう。

プラスイオン化した血液を戻すために、還元力(血液を元の状態に戻す力)が高いものを摂って下されば、良いのです!
つまり(繰り返しになりますが)玄米珈琲、ヨモギ、葛、梅生番茶、塩、等々いつもお馴染みの食品です。
今日も気を抜かず,免疫力を高めましょう。




陽性なアミノ酸!

 アミノ酸やクエン酸には放射線を排泄する力があります。
そこで注目したいのが、日本の伝統食「味噌」「梅干し」「醤油」「漬物」です。
それらの食品には、塩気とアミノ酸、クエン酸などの酸が含まれます。
実際、味噌のジコピリン酸には放射性物質を排泄する働きが強いと、報告されています。
梅干しに至っては、発酵だけでなく天日に干し太陽の力を取り込み、夜干しして月の光のパワーまで注入されているのですからこれに勝る放射線対策食品はありません。

アミノバイタル味の素、ほんだし、各社アミノ酸飲料は確かにアミノ酸ですが、化学的分解によるものです。
またおは発酵食品でアミノ酸多く含まれますが、極めて陰性が強く、今は使えません。

鰹節は何度も何度も菌を塗りつけて作る、発酵食品です。
発酵によって分解してできたアミノ酸(メチオニン、シスチン)が放射線などの化学物質の排泄する力があります。
鰹節は固く引き締まった陽性で、釘も打てるくらいですね。

余談ですが、「ふぐの卵巣」にはテトロドトキシンという、一匹で15人もの人を殺せるという殺傷力の強い猛毒が含まれています。
石川県には、このふぐの卵巣を食べる習慣があるのをご存じですか?
どうやって食べるかといいますと、ぬか漬けにするのです。
一年以上、ものによっては二年、三年とぬか床に漬けているだけで、猛毒が完全にとれてしまうそうです。
これを「発酵解毒」といいます。
たとえ農薬や化学物質にまみれた素材でも、発酵で無害化される、ということです。
鰹節は何度も何度も菌を塗りつけて干す、発酵食品です。
発酵しているから、鰹節のアミノ酸には解毒力があるのです。私が昨日食べた「クサヤ」も強烈なにおいの発酵食品です。
味噌でいえば30%も塩分が入って、3年寝かせた「八丁味噌」が最高の解毒力があるということになります。ふぐの卵巣のバーニャカウダ、野菜に付けて食べると病みつきになりますよ。

さらに、海藻のヨードにも放射線の害から身を守る働きがあることが知られています。
原子力発電所やその周辺の学校にはヨード剤が常備されています。
ですから昆布や鰹節でだしをとり(おいしだしが一番)、ワカメやふのりやとろろ昆布をたっぷり入れた味噌汁を飲んでご自身のからだをしっかりと守っていただきたいと思います。
おいしいだし+根昆布粉末だけでもよいので、毎日続けましょう。

子供たちには、せめてあと一週間!甘いものを我慢してもらってください。将来泣きを見ないためにも。

減塩はやめてね

陰陽の考え方を使って「放射線」についてみてみましょう。
陰性の性質は「冷やす」「ゆるめる」「溶かす」働きなどで代表されます 
言い換えれば、広がっていこうとする拡散性や遠心性とみることができます。
それに対して、陽性の性質とは、「温める」「締める」「固める」働きに象徴されます
言い換えると、縮こまっていこうとする収縮性や求心性ととらえることができます。
この陰陽の尺度を使って放射線を見ていくと、その対策を講じることができますね。

放射線の性質は、物を通過して遠くに広がろうとする強力な拡散性です。
ですから、原爆症は、爪や皮膚が溶けてケロイド化し、毛穴が開いて髪の毛が抜けたり、
原爆の場合は熱線によって一瞬で体が溶けて揮発してしまいます。
放射線治療で、被爆した場合も、赤血球が溶けて貧血の傾向(溶血)や白血病が起きたり
腸がゆるんで便秘をしたり、体が冷えてだるくなったり、髪の毛が抜けたりといった陰性化の症状が現れます。

この時に、陰性の強い砂糖を含む食べ物や、果物アルコールなどを摂取すると、非常に危険である、ということです。
反対に塩は陽性ですから、この塩を使うと放射線から身を守ることができるのです
30僂留の壁を造ると放射線は通過できないといわれています。
ですから良質な塩気をしっかりと補給して体内に循環させておけば放射線の害から身を守ることができるのです。
また、アミノ酸クエン酸には放射線を排泄する力があります
ですから塩気で放射線をブロックし、酸で排泄すればよいわけです。

「梅醤番茶」+「おいしいだし」のコンビが放射線対策には、抜群だということがおわかりになっていただけると思います。
これを陽性の葛でとろみを付けたら最高ですね。

続きは、また明日
(ごめんなさい、わたくし今晩お酒飲みます塩なめて、クサヤしゃぶりながら)

複合汚染

毎日ちゃんとニュースで言ってますよ。
「健康に被害を及ぼす放射線量ではない」、「今すぐ 健康被害に達する放射性ヨウ素の量ではない」と。
そうなんですよ、放射性ヨウ素や放射能物質、それぞれ単体では大した健康被害は起きないのです。
その点、ニュースは正しい情報を流してくれています。

問題はプロピレングリコールをはじめとした、運び屋(トランスポーター)やもともと体に蓄積されている
化学物質
との反応、いわば「複合汚染」が心配なのです。

個々の汚染物質が単独の場合に与える被害の質、量の総和を超える相乗的な汚染結果があらわれることを「複合汚染」といいます。

ウィキペディアから「生体濃縮」の項を引用しますと
「疎水性が高く、代謝を受けにくい化学物質は、尿などとして体外に排出される割合低いために
生物体内の脂質中などに蓄積されていく傾向がある。
特定の化学物質を含んだ生物を多量に摂取する捕食者では、さらに体内での物質濃度が上昇する。
食物連鎖の過程を繰り返すうち、上位捕食者ほど体内での対象化学物質濃度が上昇する。」

放射性ヨウ素に限らず
「化学物質は極めて水に溶けにくく、脂に溶けて蓄積されたら最後、体外に出て行き難い」
って!毎日言わせていただきます!
だから金町浄水の水も心配する必要は無いって言ってるでしょう?
ダスキンのモップだって「あぶら」が塗ってあるのです。
あぶらが付いているから汚れを吸着するんですよ。

もともと、
日本人のダイオキシン摂取源
第一位 魚介類→特に脂が多いマグロのトロ
第二位 乳製品→チーズ、バター、ヨーグルト、生クリーム、アイスクリーム
第三位 食肉→霜降り、鶏は胸やもも、ハム、ソーセージ
です。
生体濃縮で動物性の脂肪は化学物質が濃くなっているからです。

まぐろ好きで、毎日ヨーグルト食べて、肉も大好きで、お腹まわりがメタボのひと!要注意!

妊婦さん!授乳期のお母さん!
マク×ナ×ドのフライド×テト、ケン×ッキーフライドチキン、吉×家、ファミレスの海老フライ、
お惣菜やのコロッケ、スナック菓子、○○ドーナツは食べないことです。
水道水や表面にあぶらの無いほうれん草なんて心配ありません!モップじゃないんですから。

経皮毒は、リンパに直接入るのですが、一部は血管に入ります。
血管を強力にお掃除し、血液をきれいにし、羊水をもっともきれいにするのは
ズバリ「ヨモギです。
ヨモギは一度茹でて、太陽に干したものが一番吸収が良いことが解っています。
「ヨモギ粉末」420円、今すぐ注文しちゃおう!

タイムリーでしたね

 昨日の「活性炭」のブログは読んでいただけましたか?
ニュースで「金町浄水場の水道水に放射性ヨウ素を検出。活性炭を投入する」と報道がありました。
とってもタイムリーでした。

わたくしは、生まれてこの方、ずっと金町浄水場の水のお世話になっています。
だいたい、東京でお食事やご宿泊をしたことがない、なんていらっしゃいますか?
みなさんも金町浄水場のお水のお世話になっているのですよ。
炭や塩や右回しの法則をずーっと書いていますから、今回の報道でびっくりされた方はいないと思いますが、念のために補足しておきますと

「放射性ヨウ素」よりももっと恐いのは、塩素!カルキ!です。
日本の水道水の塩素濃度は、先進国で最も高く、なんとドイツの25倍
高濃度の塩素を含む水道水は皮膚や粘膜から吸収されて、人体に影響します。
経皮毒のところに書きましたから、ここでは書きませんが、

今さら水道水を恐がってどうするのですか?

リステリン、モンダミンやイゾジンでうがいをする方がどんなに強い化学物質が入るかわかりませんし
水道水で肛門や膣の周りを洗浄するなんて、信じられない行為なんです。
特に妊婦さんは絶対にウォシュレットを使用してはいけません。
子供用バナナ味の歯磨き剤なんてもっての他です。
赤ちゃんの沐浴剤には炭と塩と放射能用波動水を入れてください。
梅酢や塩でうがいです!

はいろいろな悪いものを吸着してくれますから、「喜王仙」という石で浄水してから様々な生活用水として使えます。(申し訳ありませんが、現在欠品中です。でも皆さん既にお持ちですよね!)
静岡県は地震に常に備えている県ですが、その県庁には5万本の喜王仙が備蓄してあると聞いたことがあります。だって汚染された川の水さえ喜王仙で浄水できるのがわかっているのです。

それでも100%を求めるなら
浄水器「オスモクリア」は100%放射性ヨウ素をはじめとした化学物質を取り除きます。(A−OKはこれをつけています)
ペットボトルのお水を買うなら
「アクアハイドレート」 www.aquahydrate.com
です。これはFAXかハガキでしか買えません。申込書が欲しい方はこちらまでご依頼ください。

今日はA−OKでお料理教室があります。
野菜はナチュラルハーモニーさんで調達しています。豆もやしがなかったたので、昨日は新宿伊勢丹の青果部に電話をして、確保しておいてもらいました。
原料にこだわり、水にこだわり、愛情もたっぷり入ったお料理が食べられますよ。
今回の材料には、豆もやしの他にも化学物質を体外に排泄する力がとても強く、脂も溶かす作用があるものだらけ。しかも美味しい〜

今日も、感謝で、いっただっきまぁす(^v^)






風評被害・・・被害者意識???

 「放射能汚染」は食卓に直結してきた?のでしょうか?
あっという間に世間では
「○○県産の野菜は汚染されていて食べられない」
ということになってきましたが、

ちょっと待って

外で何か食べる時、コンビニでお弁当を買う時、デパ地下で御惣菜を買う時・・・
使われている野菜はどこからきたもの?
外国産?国内産?国内だったら何県産?
全て放射能検査済み?

いちいちチェックしたことはありますか?
ましてや加工されてから国内に入ってくる食品も数え切れないほどあります。
いつもそれらの安全性を逐一チェックしているのでしょうか?
まず、不可能ですよね。というより安全だと信じて食べている?
いつもはそんなゆる〜いチェックなのに、急に厳重チェック?
というか、過度な反応ではないでしょうか?

例えば、栃木県産ほうれんそうについて
「今回の調査結果で最大5,700Bq/kg(ベクレル/キログラム)のほうれんそうがありましたが、仮にこれを1年間15gづつ食べ続けたとしても、胃のX線集団検診1回分と同程度であり、直ちに健康に害を及ぼすレベルではありません。」
と言われています。
もちろんこの数値は時間とともに増減していくかもしれません。
それでも、医療被曝と比較してどうでしょうか?
みなさん年間にどれくらいX線等の検査を受けていますか?
定期健診で胸のX線、乳がん検診、検診の再検査でまたCT、歯医者さんでもX線等々。
一度年間の医療被曝量を調べてみるのもいいかもしれません。
ちょっと冷静になって考えてみて下さい。
まして食べる前の下ごしらえで放射性物質を減らしたり無くすことすらできるのです

昨日、いつもお野菜を届けていただいているお店に「廃棄処分になる野菜がある」と聞いて
早速送っていただきました
そして、そのお野菜は今日こちらに届き、まずはスタッフのランチのサラダになりました。
そして、残りはスタッフ皆の家庭に届き、夕飯の食卓にも上ります。

農家の皆さんが丹精込めて作って下さった貴重なおいしいお野菜。
無駄にしないよう、大切に感謝していただきたいものです。

私たちの冷静な判断が風評被害を防ぎ、被災地支援にも繋がるのではないかと考えています。

さてさて、今夜はホタテ、豆腐とほうれん草をおいしいだしで煮て葛餡とじにしようかな
自然栽培だから味が濃くてシンプルな味付けで本当においしいの
かき菜を炒めておいしいだしとお塩でいただくのも美味しそう
春菊も今が旬だしブロッコリーもアーリオオーリオソースでパスタに和えたらまた美味しいし
今夜もまた彩りの良い野菜が食卓を飾ります。

旨そう〜、いっただっきま〜す

活性炭!

 「活性炭」には「吸着して掃き出す」という力があります。
みなさんの身の回りにも「炭」使ったものが、たくさんあると思います。
昔から日本人は炭をいろいろな用途で使ってきました。
トイレに置いたり、冷蔵庫の中に入れたり、お風呂に入れたり、土地に埋め込んだり等々
部屋の四隅(スミ)に「炭(スミ)」を置いている人もいらっしゃるのでは?

腸の掃除をするのにも、この「炭」が役立ちます。
腸の吸着し掃き出すのです
これが玄米を6時間焙煎した黒煎り玄米=玄米珈琲です。
6時間焙煎すると、活性炭になっていますから、腸を強力に掃除してくれ、整腸、解毒になります。
腸をきれいにすることは、全身をきれいにすることと同じ。
だから中国では、昔から玄米の黒煎りを「玄神」と呼んで万能薬として使われてきたのです。
この強力な活性炭に、さらに脂を溶かすを加えて飲んだら、パワーアップ
脂を溶かすことが化学物質を代謝して解毒するということなのです。

とにかく実害はチェルノブイリ事故とは比較にならないほど小さいです。
それに、私たちには日本の伝統食、「知恵」がある!

放射能なんて、な〜にも恐くない!!
っていうか、放射能よりも、添加物の方がよっぽど怖いんですけど…
せめて原発落ち着くまでは、カップ麺、冷凍餃子、菓子パン、マ○ドナルド、アイスクリームは、食べないで〜。(そんなの何年も食べてませんって?失礼しました


日本礼賛!

満月の晩から雨が降って、放射能や花粉、黄砂が洗い流されました。
日本は世界でも有数の湿気国。
雨が多く、そのため土の中に養分は水に溶けて流され、川に流れ、やがて海に到達します。
ですから日本近海は豊富な栄養人はカルシウムなどのミネラルをは海のもので補ってきました。
日本の土壌は酸性土壌です。
欧米は、ほとんど雨が降りませんから、カルシウムなどを多く含むアルカリ土壌です。
ゲルソン療法というニンジンジュースでガンを治す、という有名な療法がありますが、日本のニンジンジュースでは効果がありません。
日本でゲルソン療法をしたいのであれば、海藻をミキサーでドロドロにして飲むのが良いのです。

地震以降、皆さん海藻類を多く摂ってくださっていることと思います。
海藻ドロドロジュースなんて気持ちが悪いですよね?
A−OKは、今だけ、「根昆布粉末630円」で取り扱っています。
ただ、昆布類全体が品薄となっていて、現在の在庫(約50個)が無くなり次第終了となりますのでご了承ください。
この粉末を味噌汁や梅しょう番茶などに入れて飲んでいただくと簡単にいつもより多く摂れますね。

ほうれん草やかき菜、春菊などが放射能で汚染されているとニュースで報道されていますが、恐れすぎる必要はありませんよ。
放射能対策波動水と塩を入れた水で洗ったり、塩茹でしたりすれば問題ないのです
今、放射能対策波動水をケチってはいけません!
普段波動水を飲んでいないご家族の方々にこそしっかり使ってあげて下さい。

味噌汁を作る時においしいだしや根昆布粉末を入れるのと一緒に数滴×人数分入れて作る。
野菜を茹でたり煮たりする時に茹で湯やお出汁に数滴垂らす。
食後のお茶やコーヒーを入れる時にそれぞれのカップに2〜3滴垂らす。

知らぬ間に放射線対策ができてしまうのですから助かりますよね!
そして忘れてならないのはお風呂にも入れること
お塩と放射能対策波動水を入れたお風呂に入ることで、それぞれの体から放射腺毒素をはじめとする毒素が排出されやすくなります。汗をかくまでしっかり半身浴できると一番いいのです
特に妊婦さんにはお風呂に入れてしっかり半身浴をしていただきたいです。
そして小さいお子さんほど、しっかり飲ませてあげて下さいね。

でも今回の雨は、恵みの雨です。
これで日本列島かなり洗浄されたと思います。
雪は雨よりも洗浄効果が高いので、東北地方の方には雪が降ることも実はありがたいことなんです。
雨で流された汚染物質は、やがて海へと流れて行きます。
海の塩気で、浄化されていきます。

復習になりますが。

皮膚から入る汚染物質、化学物質、放射能物質は、肝臓を介さず直接リンパに入るということを、先日書きました。
少し補足させていただきます。
化学物質の原則は「脂に溶けて濃縮し→蓄積される」ですね!
いつも言ってますが「リンパ」は「あぶら」でしょう?
皮膚から入った放射能物質はリンパに入り、リンパ管の多いに溜まりやがて、に行きます。
頭にくるとき「腹が立つ」って言いますよね?
はらわたが煮えくりかえる、腹黒い、などという表現もありますね?

地震以降、怒りっぽくなっている人は、もう放射能の影響が出ているかも。
その前からいらいらしている人は、とっくに化学物質で脳が汚染されている可能性があります。
脳と皮膚と腸は、発生学からみると同じ外胚葉からできていますから、三兄弟なのです。

腸にリンパが多いからメタボリックシンドロームといってウエストに脂がどのくらいついているかを健康診断の時に測られてしまうのです

あぶらを溶かせば化学物質も溶けて出て行く、これを「薬物代謝」といいます。
とにかく腸の脂を溶かすのですよ!
それには、繊維、酵素、ぬるぬるしたものが基本。
それを摂れば、皮膚、脳の洗浄もできるというわけ。

好き嫌いもあるでしょうから、以下のものを使い、できる範囲であるいはお持ちのもので、組み合わせて毒素を排泄しましょう。
葛、ヨモギ、玄米珈琲、塩、梅しょう番茶、こんにゃく、干しシイタケ、なめこ、根昆布、天日に干したワカメ、おしいしいだし、八丁味噌、ぬか漬け沢庵、
伝統食ですよね〜

今年に入って、特に立春以降、今までにないくらい具合が悪くなったり、皮膚炎が出たり、風邪をひいたり、頭痛、耳鳴り、めまいなど体調を崩した方が多かったはずです。
この地震以降、変わってくるはずです。
まずは、明日の満月の日を利用して解毒しましょう。



A−OK波動計測センター営業中!

明日の日曜日は満月です!
しかも春分の日の前日です。
月のパワー全開です。
なんてラッキーなんでしょう
ひと月に二回、新月と満月の日は、もっとも解毒効果の高い日です。
月の引力で身体の中に溜まっていたり、新たに侵入した毒を引っ張り出してもらうのです。
この日を利用しない手はありません。
どんなことをしたらいいの?
ズバリ、断食です。
お腹をからっぽにして腸のお掃除をしましょう。
一食でも二食でもOK.
できる範囲でプチ断食してください。
もし一食だけ抜くなら夕食が一番です。
酵素を含む玄米甘酒を飲み、ペプチド入り梅しょう番茶を飲んでから、還元力の高い塩をたっぷり入れた塩風呂に入って汗をかいて寝る。
それぞれに放射能波動水を入れることをお勧めします。できればお風呂にもです。
明日は解毒に関してケチケチしたらダメですよ!

私は一食抜いた分を、義援金箱に寄付しようと思います。
自分のためにも被災地の人のためにもなる。まさに一石二鳥?

お腹いっぱい詰め込んでては、出るものも出てきません。
ぜひ満月のプチ断食で、みなさまに月のご加護がありますように

ところで今日、当波動計測センターは、営業しております。
足りないものがあったら、お墓参りの帰りにでもお寄りください。
電話でもご注文を受け付けております。
太陽の光の浄化力を浴びるのも必要ですので、恐がらずどんどん外へ出て行きましょう。

生かされていることに、またご先祖さまに感謝、感謝ですね。




calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM