良い油と良い糖質

ダイエット中だと、まず油を避ける人が多いと思いますが、本来、脂質は人間にとって必要な栄養素の一つです。

細胞膜の70%、脳の60%は脂質で構成されています。

注意すべきは、油のとり過ぎと、体に良くない油をとることです。

油は、消化に時間がかかるため、酵素を無駄遣いしてしまい、高血圧、糖尿病、動脈硬化の原因になります。

また、カロリーが高いため、とりすぎると肥ります。

良い油と悪い油があることを知ってください。

良い油=亜麻仁油、エゴマ油、シソ油、サチャインチオイルなどのαリノレン酸

ごま油、パーム油、バージンオイル、菜種油も参加しにくいので摂取しても構いません。

特にシソ油などのαリノレン酸を多く含む油は、リノール酸とり過ぎから体を守ってくれるのに有効な油です。

もう一つ避けたほうが良いのが、白砂糖の主成分である「ショ糖」です。

ショ糖は、酵素の無駄遣いナンバーワンなのです。

ショ糖は、悪玉菌のエサになったり、活性酸素を大量に発生させたり、シミやしわの元になったり、様々な病気の原因になります。

ただ、甘いものを我慢するのもストレスになりますね。

そういう時は、一温糖やてん菜糖、黒糖、メープルシロップ、アバぺシロップ、和三盆で代用しましょう。

夏は、「飲む点滴」と呼ばれる「甘酒」を凍らせてシャーベットにして食べると暑さも吹っ飛びますよ。

ペットボトルの中身

暑くなったり、涼しくなったりの気温の変化、

建物の中と外との温度差、電車やバスや車の冷房の強さ。

夏は、意外と温度差がある状況を調整しながら生活していかなければなりません。

夏は、心臓の弱りが出やすい時期です。

ラ行の発音が、上手くできなくなったら要注意。

テレビ=テデビ?
しびれ=シビデ?
に聞こえたら、心臓の強化が必要です。

胸腺のところをマッサージしてください。心臓が落ち着きます。


またマグネシウムを多く含む「塩」を摂ってしっかりと心臓の筋肉を動かすのです。

心臓は陽性な臓器なので、ただでさえ太陽がギラギラ照って超陽性な季節に

陽性のお肉を火をつかってさらに陽性にして、調理した「焼き肉」を食べると

熱が強すぎて「熱中症」になったり「心臓発作」を起こします。

他にも、焼き鳥、ハンバーガー、卵をバターで焼いたオムレツ、串揚げ、BBQ、ステーキも陽性が強すぎて心臓を痛めます。


また、動物性脂肪を冷たく固めた「アイスクリーム」や「生クリーム」「チョコレートクリーム」も

鼻炎を起こして風邪を引いたり、ニキビができたり、お尻に赤いぶつぶつした湿疹が出ます。

ナスやキュウリやお芋に「塩気」を添えて食べておいてください。

マグネシウムを多く含む「塩」が強心剤になるのです。

今日のような暑い日は、心臓と共鳴する「苦味」を有する「玄米珈琲」やヨモギにちょっと琉宝を入れて持ち歩いて「水分補給」と「塩分補給」を同時にしてください。

私は「梅酢」を薄めた水も大好きで持ち歩いてます。

これから猛暑日が続きますので、その日の気分で、ペットボトルの中身を変えてもいいですね。





空前の大ヒット

テレビで「梅干しを500Wで1分間チンして、一日に三個食べるとやせる」という番組が

 

あってから[梅干し]が今や大ブーム!

 

「痩せる食材」としても脚光をあびています。

 

ダイエットとなるとなんでも飛びつく国民性ですが、このブームは長く続いてもらいたいです。

 

もともと申年の梅はパワーが強く、ウメジュースや梅干し、梅酒を漬けたほうが良いと言われています。

 

梅雨時の、殺菌には梅干しが一番です。

 

濃い汗をかく夏場に、冷たいジュースや氷の入った水ばかり飲んでいると

 

からだの塩分やミネラル分が不足して、体液が酸性に傾き、からだがだるく動くのも億劫になります。

 

朝に梅醤番茶を飲み、昼か夜に梅干しを一個食べておけば、暑さに負けることはありません。

 

また、梅酢のクエン酸は、筋肉に素早く到達して、溜まった疲労物質である乳酸を中和してくれます。

 

薄めた梅酢は、最高のスポーツドリンクです。

 

市販のクエン酸入りスポーツドリンクは、飲みすぎると筋肉を溶かすので、逆に筋肉がつくれません。

 

 

 


本日27日(月)よりプラズマキャンペーンがスタート!!

前回のブログでお知らせしたプラズマキャンペーンが本日スタートしました。

 

梅雨アジサイのじめじめとした湿気に身体が重だる~く感じたりだるい、急な暑さに疲れを感じ始めていませんか?暑い

 

そこでお勧めするのが稲妻プラズマパルサー稲妻

 

プラズマエネルギー(マイナス電子)を体内に取り込むと、私たちヒトの細胞内にあるエネルギー製造工場「ミトコンドリア」を活性化させ、多くのエネルギー(ATP)を作り出すことで疲れない体に変わります元気

 

一週間に1回程度継続して受けていただくと、より高い効果を実感していただけると思います。

 

特別料金のこの機会にぜひ、プラズマパルサーをご利用下さい。

 

期間は、6/27(月)〜7/29(金)

 

ご予約はお電話で電話     03-5276-1761 おねがい


プラズマキャンペーン【期間限定6/27〜7/29】

期間限定!Docomo5プラズマキャンペーンDocomo5

老化の原因である活性酸素を作らずに、生命活動エネルギーを得る

画期的な方法がプラズマ療法です。

猛暑や冷房などで体力を奪われてしまう夏こそ、早めのケアで

細胞を元気にして、ジメジメの梅雨〜暑い夏を乗り切りましょう

期間限定の特別料金の為、電話お早目にご予約ください。汗

詳細についてはお電話でお問い合わせください。

お待ちしております。よろしく


乳酸菌エキスSale


乳酸菌生成エキス 天彌智通 Sale
 

暦の上での季節は夏となり、あとひと月ほどで関東地方も梅雨入りするような予報が出ています。
梅雨が明けると、今年も厳しい暑さになりそうです。

一年のうちで最も腸内腐敗が起きやすく、腸内環境が悪化する季節です。
湿気や暑さに負けない体を造るには腸内環境をしっかり整えておくことが重要です。
そのためには、強力な乳酸菌発酵エキスを摂られることをおすすめします。
 
今回、2種類の乳酸菌エキスをお買い得価格にてご用意いたしました。
複数の乳酸菌エキスを摂られことで効果もUPします。
 

 ★  天彌50cc・天彌DX
大豆を2年発酵させて作った強力な乳酸菌
乳酸菌を含む数十種類の有用微生物と有機無化学肥料大豆と天然湧水(非加熱)を培地にして共褄発酵させ、微生物たちが最終のエネルギーを出し尽し活動を終えるまで、二年以上発酵・熟成を繰り返して得る発酵産生物エキスです。腸にダイレクトに届き、腸内細菌を整えます
           
2本16,200   通常販売価格1本10,800円)
    50佞DXの組み合わせでもOKです!
 
 
★  智 通
百数種類の乳酸菌から選び抜いた菌を使用して培養して乳酸菌の能力を鍛え、無農薬大豆から作った豆乳で育てて乳酸菌の能力を強化してから、一年間熟成して発酵物に含まれる有効成分の品質を高め、更に熟成した中から有効成分(菌そのものでなく菌の分泌物や菌体成分)のみ抽出し、効果をシャープにしています。
    10本で10,000円  (通常販売価格1本1,390円)
 
 

      セール期間 : 5月20日まで
 
     セール期間中のご配送はお時間がかかる場合もありますのでご了承ください。


 

春の土用

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

春の土用に突入しています。

しかも本日は「満月」ですねkirakira

カラダ、ちょっときつくないですか?

下痢とか便秘してませんか?

血圧上がったり、夜中にトイレに行ったり、浮腫が出たり、足がつったり???

特に、二黒土星、五黄土星、八白土星の人たちは要注意。

今日はまっすぐ帰って、「酵素断食時々ウインクペコちゃんしてください。

大根おろしにたっぷりと亜麻仁油かシソ油を入れ、海藻♪も加えてどんぶり一杯食べてください。

その後に、具の入ってない味噌汁ホットコーヒーホットコーヒー飲んで、夕飯終了!

寝る前に釈迦蓮根粉を飲んでおくとミネラルも充分に補えますね。

今日あいにく食事会の予定があるひとは、明日の朝食と昼食に酵素断食きらきらをしましょう。


[釈迦蓮根]につきましては、原料が熊本産のため、今年の9月半ばまで入荷してきません。

悪しからず、ご了承くださいますようお願いいたします。

 

SALEのお知らせ

造血強化季節です
 
春は気圧、気温ともに大きく変化する時季です。
気圧の変化は血液にも影響を与え、交感神経優位から副交感神経優位に切り替わっていきます。
すると徐々に血液がゆるんできます。血液がゆるむと代謝が悪くなって脂肪、たんぱく質、糖
それぞれが体の中に残りやすくなって血液を汚します。

気温の変化によって筋肉が硬くなり血管の動きが悪くなって、血液循環が悪くなります。

浄血・造血の意識を高める
必要があります。
赤血球が入れ替わるのには120日かかります。
ということは、今すぐ造血強化を図っても結果が現れるのは4ヵ月後。
さあ、急ぎましょう!造血の為には鉄分摂取が第一歩です。
そこで鉄分が豊富に含まれている「釈迦蓮根」を特別価格で販売いたします。
是非この機会にまとめてお求め下さい
顔 
 通常価格3,100円のところ410,000(税込) 
  
      本日より 3/31迄    ♪
        
 

内分泌腺と酵素について

立春を過ぎて、昨日は「春一番」が吹きました。

暖かいを通り越して、暑いと感じた方も多かったのでは?

今日から、またしばらくは例年並みの寒さという予報ですから、極度の気温の変化に合わせた体調管理が必要です。

寒い日は、内分泌系の働きが落ちてきます。

内分泌とは「体内の器官が、ホルモンやを体液または血液中に送り出すこと」を意味します。

加熱し酵素が死んだ食べものを食べることで、内分泌腺に過重労働が強いられ、低血糖症や肥満、痩せすぎといった

問題をまねきやすくなります。

人の食欲を管理しているのは、「内分泌腺」と「神経系」です。

内分泌腺は、充分な栄養を摂取したと判断すると、食欲をシャットアウトする指令を出します。

ところが、加熱された食べものの場合、栄養素酵素不足アセアセしているため、パワーやスタミナを維持するために

「もっと食べものをよこせ!」と要求します。

その結果、ホルモンが余計に分泌され、食べ過ぎてしまうわけです。

本来、からだの維持に活用されるべき「代謝酵素」が、食べものの消化に流用される結果、体内の酵素貯金が減る問題については再三お話ししている通りです。

ですから、気温の急激な変化に対応するためには「酵素を補う」ことが不可欠です。

各酵素の分量が増えて、一粒で十分な酵素が摂れるようになった「ダイジェストエンズ」や「ダイジェストベーシック」をお役立てください。

酵素D(こうそディー)」で通じますので、ご注文の際は、そのようにおっしゃってください。

飲みすぎても、問題ありませんが、お腹がゆるくなったら調整してください。

波動水の価格改定のお知らせ

 
  波動水の価格改定のお知らせ

いつもご利用いただき誠にありがとうございます。
弊社では、長らく現在の波動水の料金を維持してまいりました。
しかしながら、仕入価格の値上げにより不本意ではありますが
平成28
年1
月より下記のとおり価格を変更させていただきます。
なにとぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 
           現行     改定
波動水 30  5,400    6,480
    50  7,560    9,180 (税込)となります。
 
http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=nihStlwXyLHEA7Fo2NA8Bp_idemsvrFNwzL3eON14WrJyv1.d2GMd74DATa37UR7aPVBik.8P.QpsaRvWXDN5.dU8W4QSqop5MGowK5Jz5Aqi7XIQ2ayf5HKh.Vb55Vr2AyQhtyOnX3Qfhlg7BB7&sig=13a2qlkc8&x=218&y=232  AOK波動計測センター
 


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM