熱中症

土用が明けたら厳しい暑さ太陽となってしまいました。

熱中症で今日は○○人が救急搬送されましたというニュースが毎日のように報告されています。

 

熱中症予防には

水分、塩分等の摂取、それから腸内環境を整えておくことが大事です。

 

お勧めは、やっぱり梅干しです。

塩分やミネラルを最も効率よく摂取できます。

梅干しはちょっと苦手涙という方は、番茶や白湯の中に梅干しを入れて飲まれるなどされるとよいでしょう。

 

それとお味噌汁

発酵食品のお味噌に旬の夏野菜ナスオクラみょうが(ビタミンやミネラルが豊富のので)を具にさるといいです。

お味噌の乳酸菌を上手にとるには、鍋の火火を止め、少し冷めてから味噌を入れると良いらしいです。

冷汁もお勧めです。

 

毎日梅干しとお味噌汁を摂って、暑い夏を乗り切りましょう笑顔

 

 

AOKの今年の梅干し、上手くできましたよ\(^o^)/。

 


心臓のケア

今日は、関東で最高気温37℃の予報が出ています。

このように暑い日は、カラダでいちばん陽性な「心臓」が弱ります。

心臓は、自らが陽性なため暑過ぎると熱の循環ができなくなり、頭部に熱がこもります。

心臓が弱っているところに、陽性な「肉」をさらに焼いて陽性を足して食べたりすると、熱中症などにかかってしまいます。

今日こそ、ウリ科やナス科の野菜を食べましょう。

ナスの煮びたし、トマトサラダ、きゅうりのすりおろし、ピーマン炒めなど

その代わりカリウムが多いので、塩を必ず補ってくださいね。
「脱塩」を防ぎます。


また、心臓はマグネシウム=クロロフィルが大好きですから、カボチャ、青じそ、ニガウリも暑い日にもってこいです。

梅醤番茶やお蕎麦も良いのですが、暑すぎて無理〜という方は、「一味唐辛子」を入れて食べればイプサイシンで油を溶かし血液も冷やしてくれます。

迷ったら、激辛「夏野菜カレー」で決まり!かな?

お盆期間中の配送について

今日の東京は、最高気温太陽35℃予想、コンクリートの熱で外での体感はそれ以上になりそうですね。汗汗

 

 

さて、来週はお盆なすにあわせて夏休みの方も多いと思いますが、A-OKは通常通り営業しております。ブイ

 

商品のご注文やご予約なども承っておりますので、御用の方はご連絡くださいませ。

 

但し、商品の発送につきましては配送会社さんがお盆期間の営業体制となります。

集荷時間が早まりご希望に添えない場合がございますので、ご注文は日にちに余裕をもってご依頼ください。お願い

 

また、お盆期間中は、交通渋滞の発生が予測されるため、商品のお届けについて、一部地域で遅れが生じる可能性がございますので、予めご了承ください。

 

 

ポイントご旅行中などは普段と違う生活リズムになり、食事も変わりますね。

 

そんな時には、手軽にお持ち頂ける分包商品がお勧めです。

 

コーヒー玄米珈琲(ブラックジンガー) 2g×12包入り     900円

 

お茶有機梅醤エキス(番茶入り) 9g×20包入り    1,685円

 

サラダアマニ油ミニパック 5g×30袋入り          1,940円

 

 小分け袋に梅干しや天然塩を入れてお持ちになるのも良いですよ!

 

 お出かけ前に、ぜひご準備して楽しい夏休みをお過ごしくださいゆう★

 

 


 「aiデンタルジェル(歯磨き粉)」販売終了のお知らせ

藍エキス配合歯磨き剤「aiデンタルジェル」

は、製造メーカーの都合により、商品の製造が終了になりました。


A-OKでの販売は、在庫限りとなりますのでお早目にご注文ください。

 

尚、他の代替え商品のご案内予定は、現在のところございません。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒宜しくお願いいたします
ごめん

 


梅干し

昨日、梅をやっと干すことができました。

新月のエネルギーをもらって、きっとおいしい梅干しになると思います。

テルテル坊主太陽テルテル坊主星テルテル坊主太陽太陽月


カルシウム

東京の梅雨雨もやっと明けらしい日になってきました。

太陽夏本番Docomo_kao20❢ ということは汗の量も多くなってきます。

汗とともに失われていく水分や塩分の補給を心がけている方は多いと思います。が、この時に失われているのは水分や塩分だけではないんです。

カルシウム骨も一緒に失われているんです。

さらにカルシウムが失われていくのは汗だけでなく、尿からも体の外に排出されてしまいます。

そのため、水分補給にともない汗や尿の量が増えるこの季節は、特に注意が必要です。

水分補給とともに、カルシウムをはじめとするミネラルをバランスよく補うことも重要です。

 

カルシウムは、骨や歯の成分になることはよく知られていますが、血液の状態を正常に保つ働きもあります。
他にも精神安定の作用や筋肉の伸縮を助ける作用、ホルモンの分泌を調整する作用などがあり、不足するとこれらの働きが弱くなり体調不良沈を起こす原因となります。

 

この夏はカルシウムの摂取も意識されましょう。                        

お食事だけでは摂取が難しいと思われる方は補助食品等を利用されるのもいいと思います。

 

AOKお勧め商品 カルマックス 

液体カルシウム:植物種子や胚芽と海藻エキスなどを麹等の有用菌で発酵させイオン化させたもので吸収率が高くなっています  

さらに、カルシウムを効率よく摂るには、カルシウムの吸収を助けるビタミンDやカルシウムが放出されるのを抑えるビタミンKなどと一緒に摂るとよいということです。

 


プラズマ療法

7月は、プラズマ月間でした。

 

プラズマ療法は、マイナス電子の充電器です。

携帯電話やスマホを充電するようにカラダにマイナス電子を充電充電しておきましょうね。

皮膚を通じてマイナス電子を充電すると、弱った細胞を正常細胞の28ATP細胞に近づけることができます。

 

電子パッドから毎秒3000回マイナス電子だけをフィルタリングして人体に打ち込みます。

マイナス電子で叩かれた部位の毛細血管は、カルシウム濃度を上昇させNOS(の合成酵素)の活性を向上させ、血管内皮細胞からNOが放出されます。

 

電子パッドに手を乗せて5分〜10分で

1,毛細血管内の血流速度が3倍の上昇
2,体温が、0.5℃上昇
3,ATPの生産量が3倍上昇

の効果が実証されています。

電気治療器は、プラスからマイナスに「電流」を流してるだけです。
磁気治療器は、磁石から磁気を当てています。
プラズマは、細胞に「電子」を注入しているのです。

プラズマ月間は終わりますが、引き続き機会をみて月に一度は、プラズマを注入して若返りをはかってください。

 

月に一度でも健康維持やアンチエイジングにはなりますが、できれば週に一度あびると

 

「筋肉増強」にもなります!なかなか筋肉がつかないという方はぜひお試しを。


冷汁

 冷汁お味噌汁といえば宮崎県が有名ですが、他にも埼玉県や山形県などの郷土料理でもあるようです。

 

AOKでも暑い日の昼食は冷汁にしています。火火(ガス)を使わないのでエコにもなります。

事務所で作るので食材や調理器具で揃わないものあり、郷土料理とはちょっと違う仕上がりかと思いますが、なかなか美味しい時々ウインクペコちゃんですよ。

 AOK冷汁は、きゅうりきゅうり(輪切り)とみょうがに大葉しそ、それにすりおろしたごまを水で薄めたお味噌の汁(海のペプチド入り)に混ぜて出来上がりです。とっても簡単!

 

冷汁はご飯にかけてもいいですし、麺のつゆにされるのも美味しいいと思います。

 朝食の残りのお味噌汁にみょうがや大葉、ごまを加える方法もいいかと思います。

みょうがや大葉が加わると清涼感が出、違った味のお味噌汁になるでしょう。

夏休みのお子さんの昼食にもいいと思うんですがピース

 

お味噌はバランスの取れた栄養価の高い食品です。お味噌を摂ることの効果効能はたくさんあります。

毎日お味噌汁を摂っていた方の血管年齢が10歳若返ったという調査報告もあるようです。

 

暑い日太陽のお味噌汁はちょっとと敬遠されがちな方はぜひ冷汁でお味噌を摂取されてみてはいかがでしょうSMILY


脂肪の摂取量と乳がんの死亡率

食生活が豊かなるにつれ、油脂の摂取量が急激に増えています。

30年前の日本人の油脂摂取量は、1日26g?でした。

今では、80g?まで増えています。

アメリカでは100g?、ドイツとイギリスが120g?、フランスは140g?です。

そこで乳がんの死亡率と脂肪摂取量をグラフにすると完全に一致することが今ではわかっています。

こうしたデータから、ガンの専門家は「すべての油」が悪いと結論づけて、油脂全体の摂取量を減らすよう勧めています。

が、ガンの発症を促すのはリノール酸と動物性脂肪です。

山梨大学と日本油脂の共同研究では、しそ油などのαリノレン酸は
がんの発症を抑えるだけでなく、発がんしていてもがんの進行をはるかに遅くすることが判明しました。

特に、乳がんの抑制に対するしそ油などの効力は、データではっきりとしたのです。

これは、がんの発症の原因物質であるプロスタグランディンE2を抑える効果があるからとされています。

また、血小板の凝集も抑える働きもしそ油にはあります。これは、がんの転移も抑えることができるということです。

飲み忘れを防ぐためソフトカプセルや分包タイプもあるので、旅行先にも持って行って必ず飲むようにしてください。




甘酒

甘 酒 お茶

 

甘酒は、米、麹菌などで作られる日本の伝統的な甘味飲料。

奈良時代には、冬の厳しい寒さ寒いの中での農作業を支える温かい飲料として重宝されていて、「冬の季語」とされていたようです。

 

しかし、江戸時代には「夏の季語」となっているのです。

そのころは、質素な食事に加えて、今のように夏の暑さを防ぐ術がなく、夏に体調を崩す人や命を落としてしまう人が多かったそうです。

甘酒にはブドウ糖・アミノ酸に加え、ビタミンB群といった栄養素が豊富に含まれています。

それで夏に甘酒が重宝され、夏の飲み物となったようです。

 

そして現代、江戸時代の頃よりさらに暑さが増している夏暑い。エアコンなどの暑さを防ぐ術が発明されたものの、それによって体を冷やし過ぎたりと新たな体調不良病気も。

私たちも昔の人にならって甘酒…飲む点滴お茶を摂り、暑い夏を乗り切りましょう元気

 

甘酒には栄養補給だけではなく、腸内環境を整える働き美白(日焼けによるしみやそばかすの防止)などの効果も期待できるようですよ。

 

    AOKではオーサワの玄米甘酒(250g入り 360円)を販売しております。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM