秋の食べ物

急に抜け毛が増えてきた、何をしてもすぐバテる、足がむくむ、目がぼやける…

 

夏の暑さに負けて、冷たいものを飲んだり食べたりしてきた人は、9月に入ってからドッとしわ寄せがきてしまいます。

 

胃腸が弱り、消化能力も落ちますから、小食にしながら、からだを温めるものを入れていきましょう。

 

さといも、さつまいも、れんこん、ごぼう、栗、そば…

 

秋口から採れだす食べ物には、でんぷん質や陽性のミネラルや繊維質がたくさん入っています。

 

それほど強い陽性ではないので、残暑に耐えつつ、寒さに向かってからだを締めていくのにはもってこいの食材です。

 

秋のうちに基礎代謝を高めておくことで、冬に強いからだを作ることができます。

 

注意したいのが、果物と動物性の食品です。

 

果物は、ビタミンは多いですが果糖が多く、中性脂肪をため込みやすいことはご存じだと思います。

 

からだを冷やす作用もあり、秋はたくさん食べてはいけません。

 

みかんやリンゴ、カキ、ナシなど日本に昔からある果物を少量楽しむ程度にしてください。

 

流行の皮ごとらべられるマスカットは、昔は日本にありませんでした。要注意です。頭が痛くなります。

 

先月から寝る前に、甘酒葛湯を飲んでいる方も多いと思います。

 

秋は呼吸器系が弱るので、釈迦蓮根の粉を水溶き葛でのばし(泡だて器を使うと混ざります)温めて透明になったら

 

塩をひとつまみ入れて飲んでから寝ると、翌朝から喉の調子がよくなります。

 

レンコンは昔から「痰きり、咳止め」として使われてきました。

 

お好みで一温糖や黒蜜をいれてもおいしいですよ。

 

現代にも応用して「おばあちゃんの知恵」を取り入れましょう。

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM